ご利益について

笑顔の女の子

破魔弓とは、昔正月に行われていた弓の技術を試す射礼という行事に使われていた弓矢が由来とされています。はまは的のことを意味し、これを射る矢をはま矢、弓のことをはま弓と呼ばれていました。 破魔弓のはまは破魔に通じ、正月に男児のいる家庭に弓矢を組み合わせた玩具を贈る風習が生まれたとされています。これが1年の幸運を呼ぶ縁起物として初詣の際に授与されるようになったようです。 飾り方としてはその時期時期において凶とされる方向に先を向けて配置するのが正しいとされていますが、心の中で邪気に向かって破魔弓で矢を放っても効果はあるとするのが一般的に知られています。 小型の弓にお守りをつけたものを神社で購入するものは神奈川県のとある製作所で商標登録もされて製作されていたようです。

破魔弓と類似・競合のものには、女児がいる家庭の場合は飾り羽子板という風習があります。 室町時代の文献に正月に羽子板を用いたことの記載があり、これが最初とされています。羽子板で突く羽はこきのこと呼ばれていたようです。 それから段々と厄払いとして使われるようになり、魔よけの意味でもって正月に女性に贈る習慣もこの頃から出来て来たとされています。 押絵羽子板は江戸時代頃から流行り、正月用の玩具として売られるようになりました。 明治時代になって技術も進化して、その用途も運動用とか遊戯用へと変化して行きました。 現在では東京の伝統工芸品に指定されています。浅草においてはその伝統が引き継がれてマスコミでも毎年その年の話題になった人物等が絵柄として取り上げられています。