専門家はたくさんいる

法人税を節税するために一番有利な商品を購入したいと考えても、保険会社の営業マンが純粋に客の利益だけを考えて商品を勧めてくれるようなことはまず期待できません。多く...

Readmore

メリットは節税だけではない

会社経営者が法人税の節税対策で法人向け保険に加入するケースがよくあります。会社の経営が順調で利益をたくさん出すことができるのは良いことですが、大雑把な言い方をす...

Readmore

その他の対策手段

節税対策に類似するものとして、自社株評価の引き下げなどがあります。自社株評価の引き下げは、株式会社を事業承継する時などに行われます。引き下げることによって、法人...

Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
有効な対策

会社経営者等の役員を対象として、その受取人を法人とした生命保険契約は、節税対策に有効です。
法人が支払う掛金は、法人の損金として処理されます。
また、会社経営者が死亡した場合には、法人に支払われた金額は、役員退職金として死亡した役員の相続人に支払われることになります。
法人が支払った掛け金を損金として処理することは、利益を減少させることになりますので、法人税の節税対策として有効です。
役員の死亡等がない場合には、途中で取り崩して、会社の運営資金に活用することもできます。
また、代表者等の役員の死亡時の退職金の資金確保の対策として有効です。
そのため、長期平準定期プランや逓増定期プランなどの節税効果の高いものが提案されています。

相続税対策にも活用できる

一般の個人が保険を掛けた場合には、掛け金の支払者と受取人が誰かによって課税関係が変わってくる場合があります。
掛け金の支払者と受取人が同一である場合には、満期の場合には一時所得として課税されます。
掛け金の支払者と受取人が異なる場合には、満期の場合には贈与税、死亡の場合には相続税などの課税対象となる場合がありますので、注意する必要があります。
また、支払った掛け金についても、所得税の控除対象となります。
そのほか、相続税対策としても有効です。
死亡時に受け取る金額は、相続財産として課税されますが、受け取った金額がすべて課税されるのではなく、控除額が別途ありますので、節税効果があります。
また、受け取った金額は、相続税の納税資金として活用できます。

契約するメリット

従業員自身を対象とし、受取人を法人とした生命保険契約は、従業員の福利厚生面や従業員の業務上の死亡時などの退職金等に有効活用できます。
掛け金についても、法人に損金に算入することができます。
また、従業員の死亡時に受け取る金額を、従業員の死亡時の退職金等に充当することができます。
従業員の福利厚生面を充実させることで、有能な人材を確保することができます。
また、従業員のモチベーションを向上させることもできますので、企業の経営も向上させることにもつながります。
雇用するすべての従業員にかけた場合には、従業員への課税は発生しませんが、一部の従業員にかけた場合には、従業員の給与として、従業員に課税される場合があります。

オススメリンク

その他の対策手段

節税対策に類似するものとして、自社株評価の引き下げなどがあり…Read more

まずは相談してみる

節税とは納める税金を安くすることです。脱税は犯罪ですが、税金…Read more

関連リンク